フィリピンの運転免許証取得

未分類

日本の運転免許をもとにフィリピンで運転免許証をとってみました。

せっかくSIRVビザをもらったので、観光ビザでは取るのが難しい(らしい)フィリピンの運転免許証をとってみました。やったのは日本の運転免許証をもとにフィリピンの運転免許証をもらう方法です。

ポイント

  • かかる日数は最短2日(大使館で翻訳証明申請→LTOで手続き)
  • 費用は合計約3000ペソ(950+500+100+500+685)
  • 免許書き換えの英単語はLicense Conversion

ポイント2(ぐぐった知識で知らなかった情報)

  • 実技試験があった
  • 自動車とバイクを両方同時に申請できた
  • LTO Portal ウェブサイトで情報登録( https://portal.lto.gov.ph/ )

既に日本語のブログで解説記事も多く今更ですが、1年前の情報から既に変わっているところもあり、2022年9月時点で私がやったことの記録です。後日免許更新などでも再度LTOに行くと思うので、忘れないようにメモしておきます。

手続きの流れ

①フィリピン日本大使館で翻訳証明の申請

②翌日受け取り

③LTOで免許書き換え申請

④実技試験

⑤LTOで最終登録

①フィリピン日本大使館で翻訳証明の申請

私はパサイの日本大使館に行きました。電話で日時を予約してから行きます。

必要なもの

  • パスポート
  • 日本の運転免許証
  • もう一つID(入館時に預ける用)
  • ボールペン(申請用紙記入用)

申請用紙にフィリピンの住所や電話番号を記入するので、覚えてない人はメモをしていった方がいいです(スマフォは入口で預けるので)。

参考

②受け取り

翌日受け取れます。料金は950ペソ。

取得した翻訳証明

私は午後一(1:30)に受け取って、その後LTOに行って手続きをしましたが、なんとか間に合いました。

③LTOで免許書き換え申請

LTOでの手続きは流れは以下のようになります。

3-1.視力検査(近所のクリニック)

3-1b.必要な書類のコピーを準備(近所のZEROXサービス)

3-2.申請用紙を取得して記入(メインビルディング)

3-3.手続き(QCLCビルディング)

必要なもの

必要なものは以下でした。

  • 翻訳証明
  • ID類
    • パスポート
    • 日本の運転免許証
    • VISAのIDカード(あれば)
    • もう一つID(検問で預ける)
  • 必要書類のコピー
    •  パスポートの顔写真、入国スタンプ、VISA関連のページ
    •  VISAのIDカードのコピー(あれば)
  • LTO Portal Webサイトへの登録 ( https://portal.lto.gov.ph/ )
  • 視力検査証明(LTOの横のクリニックで10分ぐらいで)

私はSIRVビザなので、VISAのIDカードおよびそのコピーをもっていきました。上の赤字のものは必須です。他のものは忘れた場合でもLTOで後から用意できます。

コピーサービス(ZEROX)はLTOのまわり(クリニック周辺)にたくさんあるので現地で簡単にできます。LTO Portalへの登録は先にやっておいた方が楽でしょう。なお住所は重要で、後日ライセンスが郵送されてくるので確実に正しい住所を入力してください。(という説明を最初受けたのですが、結局LTOでその場で受け取りました)

なお免許の書き換えはLicense Conversionです。この単語は覚えておきましょう。

LTOの場所

私はケソンシティのLTO本部に行きました(マニラ近辺の他の場所でも手続きできるのかはよく知らない)。LTOの場所は以下です。

場所 https://goo.gl/maps/3PU9dE3iyEAPCEWT8 住所 LTO COMPOUND, East Ave, Quezon City, 1100 Metro Manila

LTOは私はケソンシティの本部に行きました。場所の感じは以下のようになります。

ケソンシティLTO施設内イメージ

3-1. クリニック

必要書類の一つにクリニックで視力が必要になります(料金500ペソ)。場所はLTOの建物出て右の方に行ったChowkingのある建物の2階でした。上のマップの①です。

LRO MEDICALというところで受けました。2軒クリニックがあって、多分どちらでもOKそう。

場所 https://goo.gl/maps/XzvZBLQcBcnmyK8MA

なお、コピーサービス(ZEROX)はメインビルとクリニックの間にいくつかありました。

LTOを出てクリニックに行くまでに何か業者っぽい人に何人か声をかけられましたが無視しました(賄賂を払ってササっと免許を作ってもらえる裏口ルートがあるらしい?)。

3-2. メインビルディング

メインビルディングで申請用紙をもらいます。場所は上のマップの②です。

メインビル

窓口はガードマンに聞くと1番に行けと言われたので、1番に行きました。

ここで申請用紙をもらいます。また必要な書類が足りない場合は、あここれが足りないと言われるのでそれを揃えて(近所でコピーしたりして)再度ここに来ます。

申請用紙

なお、車とバイクですが、聞いたら両方同時に申請できました。翻訳証明で、車とバイクの文言がある場合は両方できるらしいです(私は車の免許を取った後にバイクの中免をあとで取ったので、普通の車だけの免許の人が同時にできるかは不明)。

1番窓口に申請用紙を提出しようとしたところ、日本の運転免許証からの書き換えの人はQCLCビルで手続きしてねと言われて、別の建物に移動しました。

3-3. QCLCビルディング

QCLC(Quezon City Licensing Center?)ビルは、メインビルディングから出て南の方へ行って、つきあたりを右に曲がったところにあります。

なお、途中で検問がありIDを一つ預ける必要があります。

入口にいたおばちゃんに聞くと窓口2に行けと言われたので2番にいきましたが、人がいなかったので隣の3番で手続きしました(できました)。

その後7番でお金を払って(100ペソ)、8番で書類を受け取ってこの日のここでの手続きは終了となりました。

④実技試験

この後実技試験になります。場所はLTOから約30分、Novalichesにある A-1 Driving Training Center を指定されそこで受けました。

場所 https://maps.app.goo.gl/BpkmLDL31Ephs8DL9 住所 #164 Rosal St., Pingkain 3, Zone 2, Brgy. Pasong Tamo Novaliches, Quezon City

朝からLTOに行けば実技試験を含めて1日で完了できそうですが、私は昼過ぎからでしたので1日では終わらず別の日に行きました。試験費用は車とバイクあわせて500ペソでした。

実技試験自体は簡単なもので、指定されたコースをささっと運転するだけです。

コース。バイクは図の→のコース。車はロータリーの後は赤矢印のコース。信号や一時停止が罠。

バイクはささっと運転するだけで本当簡単。車は教官が一緒に車に乗り採点されていき、減点されていきます。

なお、オートマの免許の場合はオートマ車、ミッションの場合はミッションの車で運転します。

試験にパスすると、LTOにもどって最後の処理を行います。試験に落第した場合は8日以降にもう一度試験を受けなおしらしいです。私は幸い一度で合格できました。

⑤LTOで最終登録

LTOに戻り、QCLCビルディングで最終手続きを行います。

窓口1(検査室Aへ行けと言われる)→検査室Aで資料提出→名前を呼ばれたら窓口7(Cashier)でお金を払う→名前を呼ばれたら窓口11or10(Releasing)で免許受け取り

という流れでした。発行手数料は685ペソ。すごい混んでいて2時間半ぐらい待ちました。何か時間をつぶすものを持っていった方がいいと思います。

取得した運転免許証↓なお、最初LTOで説明を受けたときは郵送で送るって言われたのですが、その場でくれました。DL Codes でA(バイク)とB(普通の車)と表記されています。もしかしたらトライクの免許証も言えばとれたのかもしれません。

以上、フィリピンで運転免許証を取った忘備録でした。

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました