フィリピン10大財閥

企業グループ

フィリピン株をはじめてから、企業グループやら財閥やらと言われるものがどうもややこしくてモヤモヤするので、有名どころを一覧してみました。

企業グループリスト

PSE上場持ち株会社の売上高をチェックし、大きい方から10社+αをリストしました。また、上場持ち株会社はないですが、その他の有名どころの数社も入れています。

名前別名 (財閥名、人、ブランド名など)売上高 (億ペソ)持ち株会社銀行上場子会社、関連会社
サンミゲルコファンコ
Ramon Ang(会長)
Eduardo Cojuangco Jr.(前会長、2020没)
7258SMC
TFHI
BNCOMFB、EAGLE、GSMI、PCOR
SMシー
Henry Sy (創業者、2019没)
3942SMBDO、CHIB2GO、AT、BEL(APC、LOTO、PLC)、SMPH
JGサミットゴコウェイ、
ロビンソン~、
John Gokongwei (創業者)
2216JGS非上場(Robinsons Bank)CEB、MER、RCR、RLC、RRHI、URC
アヤラJaime Zobel de Ayala (会長)1936ACBPIACEN、ALI、ALLHC、AREIT、GLO、IMI
アボイティス1867AEVUBPAP
コスコキャピタルLucio L. Co (創業者)1805COSCOPBCKEEPR、PGOLD
GTキャピタルGeorge Ty (創業者)
メトロ~
1344GTCAPPSB、MBTMPI
アライアンスグローバルAndrew Tan (創業者)1246AGI EMI、MEG(ELI、GERI)
ロペス1073LPZ
FPH
 ABS、EDC、FGEN、ROCK
LTLucio Tan (創業者)944LTGPNBMAC、MRC、PAL
DMCコンスンヒ、
David Mendoza Consunji (創業者、2017没)
677DMC SCC
フィルインベストゴティアヌン607FDCEWFLI、FILRT
メトロパシフィックMVP (創業者)409MPI MER、PLDT、PX、PXP
ハウスオブインベストメントユーチェンコ、
マラヤン~
Helen Y. Dee (会長)
212HIRCBEEI、IPO、PERC
ビリヤールManuel Villar (創業者) HMV、HOME、STR、VLL
ラゾンEnrique K. Razon, Jr.(会長) BLOOM、ICT、MWC
ウデナDennis Ang Uy (創業者)AB、C、DITO、PHR、PNX
ジョリビーTony Tan Caktiong
Edgar Injap Sia
JFC、DD、DDMPR、MM
ラモスAT、APO、OV、UPM
ヤップ
(エミリオ)
Emilio T. Yap(創業者、2014没)PTCCEU、EURO、MB
ヤップ
(フィリッペ)
Felipe U. Yap(会長)MA、LC、ZHI、(ALLHC)
アンピンDIZ、NI、LODE
タンコEusebio H. Tanco(会長)ATI、STI、LR
ティウAntonio L. Tiu(創業者)ANI、GREEN、IRC
ウェレックスガチャリアン
William T. Gatchalian(創業者)
ACE、FPI、MAH、PHES、WIN、WPI
フィリピンの企業グループを上場持ち株会社の売上高順に並べたもの。グループ名のリンクはサイト内ブログ記事へのリンクです。

英単語数文字のグループ名の場合、創業者の名前のイニシャルのパターンが多いです。

  • John Gokongwei → JGサミット
  • George Ty → GTキャピタル
  • Lucio Tan → LT
  • David Mendoza Consunji → DMC

グループ売上高ではサンミゲルが圧倒的で、次いでSM。JGサミット、アヤラ、アボイティス、ココスが続きます。

スペイン系の財閥は、古くからある何代も続く由緒ある感じで、中華系の財閥はヘンリー・シー、ジョン・ゴゴウェイ、アンドリュー・タン、ジョージ・ティなど一代で財を築き上げたフィリピンドリームの体現者みたいな人が多い印象です。

なお、言葉の定義上、”財閥”と言った場合、企業グループやコングロマリットと言うよりも、ファミリービジネス、同族支配の色合いが強いもののようです(Chairman、CEO、大株主ほとんど親族で固めてる感じ)。フィリピンを含む東南アジアでは財閥が強い力をもっています。

その会社はどのグループ?

身近な業種の例で、その会社はどの企業グループなのかを数例あげます。

ショッピングモール

フィリピンの2大巨大ショッピングモール、SMとアヤラはその名前のままの企業グループです。SMモールはSM Prime(SMPH)が、アヤラモールはAyala Land(ALI)がそれぞれ運営しています。

3番手のロビンソンモールはJGサミットグループで、Robinsons Retail(RRHI)が運営しています。

モール企業グループ
SM(SM、SMPH)
アヤラ(AC、ALI)
JGサミット (RLC、RRHI)
アライアンスグローバル(MEG)
ビリヤール(STR)
ダブルドラゴン(DD)

その他のモールで、アラバンのFestival Mallはフィルインベストグループです。

SIMカード

フィリピン旅行中にお世話になるSIMカードは、SmartとGlobeが2強です。

SmartはPLDT(ティッカーTEL)の子会社ですが、PLDTは、前会長がMVPでもあり、メトロパシフィック系ですが、株主にJGサミットや日本のNTTも大株主です。Globe(ティッカーGLO)はアヤラ系ですが、シンガポールのシンガポールテレコムも大株主です。

SIM会社企業グループ
メトロパシフィック (25%)
JGサミット (11%)
NTT(20%)
アヤラ(41%)
シンガポールテレコム(62%)

最近はSIMカードでは、この2強以外にDITO、光ファイバーではCNVRGなど新興勢力の躍進も目立ちます。

参考 通信セクター

航空会社

フィリピンの航空会社にはフィリピン航空(PAL)とセブパシフィックの2社(CEB)があります。フィリピン航空はLT(ルシオタン)グループ、セブパシはJG(ジョンゴゴウェイ)サミットグループです。

航空会社企業グループ
LT
(2014年、サンミゲルから買収)
JGサミット

マニラの水道

マニラの上下水道は1997年に東西に分けて民営化されましたが、東側がマニラウォーター(ティッカーMWC)、西側はマニラッド(非上場)が運営会社です。マニラウォーターは現在、ラゾングループが運営しています。マニラッドはメトロパシフィック、DMCI(コンスンヒ)、また日本の丸紅の資本が入っています。

水道会社企業グループ
ラゾン
(2020年、アヤラから買収)
メトロパシフィック(52%)
DMCI(25.3%)
丸紅(20%)

マニラのカジノリゾート

マニラにあるIR(統合形カジノリゾート)と関連する企業グループ

カジノ企業グループ
リゾートワールドアライアンスグローバル
2009年開業、空港近、最初のフィリピンIR
ソレアリゾートラゾングループ(BLOOM)
2013年開業
シティオブドリームスSMグループ(BEL)
2014年開業
オカダマニラ― (ABG)
2016年開業。タイガーリゾートがABGを買収して裏口上場模索中

その他参考

以上、主な企業グループを一覧してみました。以前は財閥といってもサンミゲル、アヤラ、SMぐらいしか思いつかなかったのですが、フィリピン株をはじめて大分知識が増えた気がします。

なお、多くの書籍、Web記事を参考にしましたが、特に以下のASEAN企業地図は図解と端的な解説があ分かりやすくおススメです。私は企業グループでわからないことがあれば、基本この本を参考にして、この本で解説されてないものについてはいくつかグループを調べてみました。

参考

履歴

  • 2021/9/3 抜けていた子会社数社追加(まだまだあるかも)、マニラのカジノリゾート追加
  • 2021/9/24 一覧にウデナグループを追加
  • 2021/9/29 一覧にジョリビー、ヤップ(エミリオ)、ラモスを追加
  • 2021/10/6 一覧にアンピン、ヤップ(フィリッペ)、追加
  • 2021/10/22 一覧にタンコ、ティウ追加
  • 2021/10/25 一覧にウェレックス追加
  • 細かい修正 DAVIN→KEEPRに変更
  • 細かい修正 非上場→BNCOM上場、EMP→EMIに変更

コメント

タイトルとURLをコピーしました